綾野剛らの醜態暴露で「トライストーン」が法的措置へ… ガーシー「これは一番あかんやろ」と反論するも敗戦濃厚?

東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】より

人気俳優の綾野剛さん、田中圭さん、坂口健太郎さん、間宮祥太朗さんらが所属する「トライストーン・エンタテイメント」がこのほど、公式サイト上で「重要なお知らせ」を発表しました。

これによると、「現在、インターネット上で弊社及び弊社所属タレント等の名誉を毀損し 業務を妨害する事実無根の投稿が複数なされております」とし「弊社は、このような虚偽の投稿を決して容認できません。従って然るべき法的手続等の対応を行っております」を発表。

続けて、「皆様にご心配とご迷惑をおかけしていますことをお詫び申し上げるとともに弊社として、より一層のコンプライアンス・ガバナンス強化を図り信頼にお応えできるよう努めてまいります」と綴っています。

具体的な情報は明らかにしませんでしたが、これは綾野さんらに対してさまざま暴露を行う、YouTuber・ガーシーこと東谷義和さんへの措置だと思われます。

「ガーシーにもダメージが来る」「人の人生を壊しているならに名誉棄損」など賛否の声が続出

この発表に対し、ネット上では

・「どちらにも得は無いように思いますが、裁判にてガーシーさんとか言う人の暴露を止める事が出来れば事務所側としては未来的なメリットはあると思い」

・「たぶん事実であろうと無かろうタレントのこと晒すと許さないよってことですよね。しかし法定の土台に乗せるとなると当然事細かい話や晒したくない事柄まで出てくる可能性ある訳で」

・「事実であろうとなかろうと名誉毀損は成立する。裁判になれば当然タレント側に都合の悪い真実もたくさん出るだろうけど…そこは事務所側も腹を括ったということでしょう」

・「『弊社として、より一層のコンプライアンス・ガバナンス強化を図り』って……コンプライアンスに問題があったことをお認めになられたのかなぁ??」

・「事実か事実じゃないかが問題じゃなく、名誉棄損かどうかが問題。不必要に暴露することで人の人生を壊しているなら充分に名誉棄損だと思う」

・「ガーシーにもダメージが来るだろう。ユーチューブの収益が減ったり最悪無くなったら破綻するのでは」

など、さまざま声があがっています。

好戦的な姿勢を貫くガーシー

一方の東谷さんは自身のTwitterで「なんやろ こーゆう事しか考えつかんのかぁ 事実無根ってLINEも写真も本人登場も証拠やないって貫き通すんや テレビ局やスポンサーに言われてやってんのわかるけど、これは一番あかんやろ こんなペラ1枚の否定文で誰が納得すんの?笑笑 放送日まで早めて必死なんわかるけどやな もー冷静ちゃうやんw」と投稿。法的措置を発表したトライストーンをあざ笑うかのような反応を見せています。

名誉棄損が成立する可能性は高い

微動だにしない東谷さんですが、法律的には「例え本当のことを言っていたとしても名誉毀損が成立してしまうケースがある」とか。詳細は弁護士サイトなどをご覧いただきですが、簡潔にいうと、「公然の場である」「具体的な事実を晒す」「その事実が被害者の社会的評価を下げる可能性がある」、この3つの要件があれば名誉棄損は成立するそうです。

これまでのガーシー砲を見る限り、すべての要件に当てはまっているような気がしますが、どうなんでしょうか。いずれにしても、今後のガーシーVSトライストーンの動向に要注目です。