「偏差値66。相当高いですよ」ジャガー横田の息子の高校が判明も… 学校批判でバッシングを浴びる事態に

YouTubeチャンネルより

ジャガー横田夫妻の息子が通う高校が判明

ジャガー横田さんの夫の木下博勝さんが6月30日にYouTubeチャンネル「ジャガー横田ファミリー」を更新し、息子の大維志さんが通っているのは長野県の佐久長聖高校だと公表した。

「ついにJJの高校名発表!更にジャガー横田が山形から乱入!!」というタイトルの今回の動画では、木下さんが、息子の通う学校について文武両道で知られる佐久長聖高校だとし、「偏差値66。相当高いですよ」「本当に佐久長聖はすごくいい学校です。これ力入れて何度でもいいます。それ入れてもらったからじゃないです」などとコメント。

大維志さん自身も出演していて、学校の成績について「あのね、俺ちゃんは中学の頃と比べたらたぶんいいと思います。個人的にはいいんだけど、自分が行ってるクラスっていうのがレベル高いところですから、基本的には今平均ぐらいです」などと語った。

「世間はもう飽きてる」「お父さんとして大失格」といった呆れ声も

これらの投稿に対して

・「息子のことで1番嬉しかった事が、佐久高校に入れた事?」

・「お父さんとして大失格ですね」

・「もし偏差値の高い高校に入れていなかったらと思うとゾッとします」

・「まだこんなことやってんのか 世間はもう飽きてる」

・「記事だけ見てると周りがそれ相応の態度をとってるだけに思えるが」

などのコメントが寄せられている。

ジャガー横田さんは1961年7月25日生まれ、東京都荒川区出身のプロレスラー。

1977年6月、全日本女子プロレスでデビュー。1985年12月の引退までに、全日本女子プロレス最高峰の王座であるWWWA世界シングル王座を2度戴冠したほか、多くの王座を獲得している。引退後は、ライオネス飛鳥選手やアジャ・コング選手などのコーチを務めたり、アマチュアレスリングの全日本選手権に出場するなどしていた。1994年10月に現役復帰を表明し、1995年1月から本格復帰。所属団体の変更はあったものの、2022年現在も現役である。

2004年に消化器外科医の木下博勝氏と結婚。夫婦でテレビ出演するようになり、2006年11月に45歳で長男の大維志さんを出産している。2007年には講談社主催の「ナイス・カップル大賞」を受賞。

ジャガー横田選手は女子プロレス界のレジェンドのひとり。が、夫の木下博勝さんはテレビ出演や講演活動も行っているが、それは著名人の夫になったからそうなったのであって、本来は医師である。まして息子の大維志さんについては、タレントでもなんでもなく、一高校生にすぎない。