柏木由紀さん、“すっぴん姿”が別人すぎる⁉ 接客した店員すら気づかないという事態に……

公式YouTubeチャンネルより

ゆきりんのすっぴん姿は別人級⁉

AKB48の柏木由紀さんが6月30日、YouTubeチャンネル「ゆきりんワールド」を更新し、銀座でのショッピング時に店員から同姓同名の“別人扱い”されたことを語った。

「柏木由紀がはなまるうどんを食べながら喋る動画」というタイトルの今回の動画では、はなまるうどんでテイクアウトしてきた「とろ玉ぶっかけの中」「海老天」「ゲソ天」「コロッケ」を食べながら、エピソードトークを展開している。

「銀座のルイヴィトンにブレスレットを買いに行った」と話し始めた柏木さんによると、「クレジットカード出した時に同姓同名なんですね!ってまた言われたよー!すっぴんだからさ、本当にバレないわけよ。接客して名前見ても本人だと思わないんだから。地方なら『いるわけない』と思うかもしれないけど、銀座のヴィトンならいてもおかしくないじゃん。いかに私がオフの時はオフなのか改めて思い知らされた」とのこと。

すっぴんからのメイク動画もアップしている柏木さんにとっては今さら特にどうということもないかもしれないが、メイク前とメイク後での大きな違いにヴィトンの店員はきっと大いに驚いたに違いない。

およそ8分間のこの動画内では、他にも「とろ玉ぶっかけの中は2玉分」「駅の構内で、大声で『こんにちはー』と叫んできたアブない人がいた」「免許更新の時の写真写りをどうにかしたい」などのテーマについて、巨大なげそ天などを美味しそうに食べながら語っている。

この動画に対して、

・「話しながらスムーズに食べていける能力が凄いと思った」

・「ゆきりんがニコニコしながら食べてるのほんっとに大好きだから定期的にもぐもぐ動画上げてほしい!」

・「本当、美味しそうに食べるよね。それでいてエピソードトークも面白かった。でも本当にバレないんだね笑」

・「細いのに毎回よく食べるな〜と見てます。トークも面白いので最高です」

・「おうどん食べるだけでこんなにかわいくて面白いのかよゆきりんってのはよ……」

などのコメントが寄せられている。

気になるすっぴん姿はこちら

若いメンバーからは「おばあちゃん」呼ばわりされることも

柏木由紀さんは1991年7月15日生まれ。鹿児島県鹿児島市出身。2007年4月、AKB48の3期生として劇場デビュー。2012年ソロライブ開催。2013年ソロデビュー。横浜アリーナでの3rdソロライブで約10000人を動員。2014年4月~2015年3月 NMB48兼任。2016年1月~2019年4月 NGT48兼任。2018年 アジアツアー開催(中国・上海ほか4都市5公演)

柏木さんは2007年のデビュー以来、2009年には「年間アイドル写真集ランキング1位」、同年4月からはTBS系「ひるおび!」のレギュラーとして11年間出演、2015年の「選抜総選挙」では自己最高位の2位となるなど、AKB48の主要メンバーとして人気を博してきた。

2019年からはグループ最年長メンバーとなったが、現在もAKB48のコンサートの演出、自身のソロコンサートの開催、BiSHほか所属事務所が同じ7グループとのコラボシングルの発表など活躍を続けている。

若いメンバーからは「おばあちゃん」呼ばわりされることもあるという柏木さんだが、「一生アイドルでい続けることが夢」だともつねづね語っている。2022年でデビュー15年目を迎えたが、長続きしている先輩アイドルたちを見習って、20年、30年と、いけるところまでがんばってもらいたいものである。