ひろゆき氏、有名フェミニストに「幼い理屈を恥じずひけらかし無知を剥き出し…」などとディスられるも、ネットの反応は“ひろゆき優勢”

ひろゆき公式Twitterより

沖縄県・辺野古新基地の建設反対行動を巡る発言で、物議を醸しているインターネット掲示板「2ちゃんねる」開設者のひろゆき氏。抗議活動を行う一部の人達に対して「座り込み抗議が誰も居なかった」「沖縄の人って文法通りしゃべれない」などと揶揄し、ネット上では賛否の声が相次いでいるが……。

作家でフェミニストの北原みのり氏はニュースサイト「AERA dot」の記事内で、ひろゆき氏の発言に対して猛反論していると、ネット上で話題になっている。

記事によると

200万人超もフォロワーがいて、毎日のようにネット上でその名が流れてくるひろゆきという人の基地反対をする人々に対する暴言が、波紋を広げている。

何十年に及ぶ基地被害に抗議する人々が放つ「ヤンキーゴーホーム」という声を録音し、“得意げに”「平和活動家はヘイトスピーチをしている」という人々の姿が本書には記録されているが、ひろゆき氏がやったのは、まさにそのようなことだろう。

「座り込みの定義」にこだわり、座り込みの背景にある歴史を敢えて見ない。表層を切り取り、差別の構造を理解せずに、冷笑する。幼い理屈を恥じずひけらかし、無知を剥き出しにすることで日本は底抜けに壊れていくのだと危機を覚える。

続きはこちらから
https://dot.asahi.com/dot/2022101200016.html?page=1

ネットの反応

・「北原が出てきたところで逆効果だろw」

・「ほっとけばいいのに…なぜわざわざ首を突っ込むのか」

・「言葉はどうでもいいよ 事実としての行動を見せてくれと」

・「馬鹿ってとにかく定義にこだわるよね 頭いいぶってるけど定義がないと何にも自分で判断できない馬鹿の証明」

・「反論がずいぶんと抽象的だな 何もないなら何も言わなきゃいいのに」

・「ひろゆきを叩きに湧いて出てくる奴、全員もれなく感情論ばっか」

と、ひろゆきを擁護する声が目立っている。

北原みのりのプロフィール

1970年生まれ。1993年津田塾大学国際関係学科卒業。編集アルバイト、フリーライターを経て、96年インターネットHP制作会社をたちあげるる。1997年、日本で初めて、女性だけで経営するセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」を始める。

著書に「はちみつバイブレーション」(河出書房新社1998年)・「男はときどきいればいい」(祥伝社1999年)・「フェミの嫌われ方」(新水社2000年)・「アンアンのセックスできれいになれた?」(朝日新聞出版)・「奥様は愛国」(河出書房新社)など。

出典:婆星